リフォーム

リフォーム


あなたは、「リフォーム」と聞いて、何を思い浮かべますか?衣類の仕立て直し、家具などの修繕、そして、住まいの改装や改築・・・どれも一般的な認識です。でも、「リフォーム」の意味を正しく理解している人が、果たして何人いるでしょうか。

そもそも、「リフォーム」とは、『和製英語』です。よく英語では「reform」と表記されますが、本来の意味は「 (制度・社会・政治などなど)を改善する、改良する、刷新する」「(人を)改心させる。(行為などを)矯正する。」です。また、「re-form」という英単語もありますが、「作り直す、再編成する」という意味。つまり、"物質的な改造"だけを指しているわけではありません。ゆえに、海外で「リフォーム」といっても、日本と同じ意味には理解されません。でも、考えてみてください。「リフォーム」が『和製英語』ならば、住宅産業に限っては、「Re-Home」とも言い換えられるのではないでしょうか。

「Re(より良く造り替える)- Home(住まい)」。つまり、家は"より快適に、より進化した住まい"に"甦る"のです。確かに、ただ家を"生まれ変わらせたい"だけなら、今ある家をすべて取り壊し、新しく家を建てる「建て替え」という方法もあります。

しかし、家には、脈々と受け継がれた職人たちの技術と、そこに住む人たちの歴史が詰まっています。古き良き時代のものは、一度手放したら、二度と取り戻せません。でも、「リフォーム」なら、基本的な構造を変えずに、部分的に手を加えて仕様を変えるだけ。古の匠の技と大切な思い出は残しつつ、さらに歴史を積み重ねていくことができるのです。「リフォーム」とは、至福の新生活を始めるための大切な第一歩です。

住む人が変われば、必要なもの、求めるものも変わります。自分が思い描く理想の生活空間を、私たちと一緒に形にしませんか?

リフォーム